Binance.US 取り扱い通貨発表

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance。

米国においての従来のサービスを終了しあらたにBinance.USを立ち上げることを発表済みでしたが

今回はその Binance.US で取り扱うコインが発表されましたね。

それがこちらの30コインです!!

  • Cardano(ADA)
  • Cosmos(ATOM)
  • Basic Attention Token(BAT)
  • Bitcoin Cash(BCHABC)
  • Binance coin(BNB)
  • Bitcoin(BTC)
  • Dash(DASH)
  • EOS(EOS)
  • Ethereum Classic(ETC)
  • Ethereum(ETH)
  • Holochain(HOT)
  • IOTA(IOTA)
  • Chainlink(LINK)
  • Loom Network(LOOM)
  • Litecoin(LTC)
  • Decentraland(MANA)
  • Nano(NANO)
  • NEO(NEO)
  • Paxos Standard Token(PAX)
  • Augur(REP)
  • Ravencoin(RVN)
  • TrueUSD(TUSD)
  • USD Coin(USDC)
  • Tether(USDT)
  • VeChainThor(VET)
  • Waves(WAVES)
  • Stellar Lumens(XLM)
  • Ripple(XRP)
  • Zilliqa(ZIL)
  • 0x(ZRX)

ある程度人気がありメジャーなコインも含まれていますね。

一時は米国をBinance.comから排除しましたが、これで心置きなく参加できるとともに一時心配された流動性の確保もできるって事で安心して取引できますね。

ただこれら発表のあったコインもまだ調査中との事で今後、取り扱いコインの変更もあるかもしれません。そこはオープンしてからのお楽しみでもありますね!

仮想通貨取引所はどこがいいのか?

今では仮想通貨ではなく暗号通貨と法律で呼び名が決定しましたが、日本では依然、仮想通貨と呼ばれる事が多いですね。

依然から興味のあった仮想通貨の取引ですが本格的に参戦してみようかと思っております。

そこで有名なビットフライヤーで仮想通貨の売買をしてみようかと思いビットフライヤーの使い方を調べました。

備忘録を兼ねて書いておくので、私と同じように仮想通貨取引を考えている方の参考に慣ればと思います!

まずはなにをさておき登録をする必要があるので、ビットフライヤーのサイトへアクセスします。

メールアドレスなどを使用してアカウント登録を済ませたら、二段階認証や本人情報、口座の登録も済ませる必要があるとのこと。

この二段階認証ですが、7PAYの問題でも大きく取り扱われましたが、不正アクセスに対して絶大な対抗措置となりうる認証方法でIDやパスワードの他にSNSや指紋を使っての認証が必要になることで セキュリティが強固になるんですね。

急速に拡大する QR・バーコード決済サービス になくてはならないもので仮想通貨取引所でも定番となっているようです。

話はそれましたが。。僕は知らなかったのですが、本人確認資料も提出しなければいけません。

本人確認資料は
・免許証やパスポート
・顔写真付きの住基カード
・個人番号カード

などが本人確認資料として使用できるので、画像ファイルをアップロードして確認してもらうようです。

必要な最初の手続きが全て完了したら、「入出金」というメニューから日本円の入金を行い、それをもとに仮想通貨の売買を行うことができます。

ちなみにビットフライヤーに限らず、仮想通貨は取引所と販売所の2種類から購入することができます。

取引所は個人間で売買を行うところで、販売所はビットフライヤーなどの運営と売買のやり取りを行うところです。

販売所ではスプレッドが広く、損をしやすくなってしまうので、特別な理由がなければ取引所で売買を行うのがおすすめです!

あとは出金手数料やスプレッドも会社ごとに違うので自分が購入予定のコインの手数料を比較サイトなんかで確認してより良い条件の販売所で取引するのが良いと思います

ではまた!

夏のアウトドアと言えば

そろそろ全国的に梅雨明けも間近となってきました。

夏のアウトドアと言えばやはり、海に山にキャンプが王道です。

また夏休みやお盆休みでまとまった休暇が取れる方も多いこの時期、今年注目されるアクティビティを紹介使用と思います。

まずは海から!

海と言えばシュノーケリングにダイビング、サーフィンと幅広い遊びがありますが今年の注目はずばり SUP

昨年あたりからちらほら見かけるようになりましたが、レジャーやアクティビティの予約サイト 「 SOTOASOBI」によれば昨年TOP10に入り今年は更に上位にランキングされそうな勢いです。

SUPはスタンドアップパドルボード、英語ですとStand Up Paddleboard、訳して SUP と呼ばれボードの上に立ちパドルで海や川の水面を進む、ゆるいスポーツです。

人気の秘密はその緩さ、誰でも気軽に始められ、しかも体幹やバランスを鍛えられるところにあります。

今年は更にブレイクしそうですね。

今では多くの場所で体験レッスンを行っていますので今年の夏は是非、チャレンジしてみたいです!

関東で体験レッスンを行っているところをピックアップしましたので皆さんも機会がありましたら是非!

【千葉県】稲毛海岸検見川浜 倶楽部FANATIC(クラブファナティック) http://clubfanatic.net/school.html
【千葉県 安房郡鋸南町 UMI to YAMA(ウミトヤマ) http://south-surf.com/school/
【千葉県】千葉市美浜区検見川の浜 ​トリトン ウインドサーフィンスクール & ネイチャースポーツ https://www.triton-windsurfing.com/sup
【神奈川県】逗子海岸 フェザーファクトリー http://www.feather-factory.com/sup/
【神奈川県】三浦市胴網海岸 KOAJIRO SUP Tours(コアジロサップツアーズ) https://www.koajirosup.com/
【神奈川県】横浜市大岡川周辺 一般社団法人水辺荘 https://mizube.so/
【神奈川県】横浜市大岡川桜桟橋 横浜SUP倶楽部 http://yokohamasup-club.com/
【群馬県】吾妻郡中之条町四万湖 ロータスアウトドアーズ https://www.lotus-outdoors.com/
【栃木県】那須塩原市中禅寺湖 mizudoriミズドリガイド https://www.mizudori-guide.com/

上記列挙したところですとほとんどの所で体験会を開催していますので、何も持たずに気軽に参加することができます。

ただし日よけの帽子やサングラス、日焼け止め、子供には長袖やラッシュガードを持参した方が良いと思います。これらのレンタルはほぼありませんので忘れずに。また濡れますのでタオルと着替えも持参しましょうね。

費用は1時間~2時間の体験レッスンで5000円前後が相場ですが、予約サイトなどではキャンペーンを行っている所もあり50%OFFなんて掘り出し物もありますのでチェックしてみて下さいね。

ではくれぐれも水の事故には気をつけて楽しく安全にアウトドアを体験して下さいね!

BELAY COIN 今は何処へ

昨年本当に一部で話題となっていたBELAY COIN。

アウトドア の ECモール mountain-products.com を運営するビレイ株式会社がリリースした 仮想通貨 「 BELAY COIN 」

2018年度中には運用を開始するとアナウンスされていましたが、今や何も音沙汰がなし!!

新しもの好きの私としては大いに期待していたし、mountain-productsも結構利用させて頂いていたので楽しみにしていましたが・・・・

実用化には至っていないようです。

一方、アウトドア用品専門のフリーマーケット 「BELAY Free Market」

こちらはといいますと、まだまだ利用者は少ないようですが、ちょくちょく覗いていると、たまに掘り出し物がちらほらですが、出品されてます。

まだ購入までには至っていませんが、定期的にサイトをチェックしておいても損はないと思いますよ。

それにしても仮想通貨「 BELAY COIN 」本当に運用されないのかな。。。

今後に期待しています!!